国際人権活動日本委員会

撮影=鈴木信幸(港北区役所屋上庭園のネジバナ捩花。別名モジズリ綟摺)

doc-p-title自由権規約第7回日本政府報告に先だつリスト・オブ・イシュー採択に向けてのNGOレポート

2017年9月20日 国際人権活動日本委員会 (JWCHR)

PDFファイル (和文) PDFファイル (英文)

NGO レポート作成協力団体名:

-日本国民救援会
-治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟
-東京・教育の自由裁判をすすめる会
-障がい児の権利を国連に訴える会
-個人情報保護条例を活かす会(神奈川)
-兵庫県レッド・パージ反対懇談会
-日本出版労働組合連合会
-消防職員ネットワーク
-JAL 不当解雇撤回原告団

[内容]
1.  個人通報制度
2.  リスト・オブ・イシュー作成に向けた情報提供
(1)  弁護士、裁判官、検察官に対する研修
(2)「公共の福祉」の概念
(3)  死刑囚の処遇と再審
(4)  代用監獄と自白強要
(5)  痴漢事件での再審の困難性
(6)  公職選挙法の言論規制
3.  治安維持法犠牲者に対する謝罪と賠償
4.    東京都の公立学校における国旗・国歌の強制
5.    (1)  「日の丸・君が代」問題
(2)  「  障がい児の性教育」問題
6.  国旗・国歌への起立斉唱の強制
7.  生きているうちにレッド・パージ犠牲者に名誉を
8.  教科書検定制度を改善するよう勧告を
9.  消防職員に団結権の保障を
10.  日本航空解雇事件

※全文はPDFファイルをご覧ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です